「今、なんとかしなきゃボクらに明日はない」 チームニッポンは今年も「みんなが楽しい日本」創造の為に行動します。

最新情報&活動報告
最新情報&活動報告
法曹養成制度検討会議の中間取りまとめに関するパブリックコメント の資料① [ 平成25年06月21日 ]



先日法務省より、5月13日まで行われた法曹養成制度検討会議の中間取りまとめに関するパブリックコメント
の資料をもらいました。
法務省からいただいた資料をみなさんに公開します!!
司法修習生の給費制復活、法曹養成にかかる経済的支援を求める市民の声が
強く心に響きます。
6月19日の会議のとりまとめ案は、当事者の声を無視したひどいものです!!
経済的理由で未来ある若者を苦しめることのないよう、当事者の声をきちんと聞いて
制度を見直すべきです。
法曹養成検討会議の中で司法修習生の経済的支援に関する座長試案 [ 平成25年06月19日 ]



前回の法曹養成検討会議の中で司法修習生の経済的支援に関する座長試案が出されました。
内容は、司法修習生の実態も考えず、パブリックコメントに寄せられた多くの給費制復活を求める声をことごとく無視したもので、本当にひどい!!
私は法務省に経済的部分のパブコメの公開を求め、意見がそのまま反映された資料をいただきました。そこには2000を超える人の『司法修習生の給費制』の復活の声がありました。
奨学金問題も含め日本はもっと人材育成に力を入れなければならないと思います。明日のニッポンのためにも私は夢ある若者への経済的支援を強く求めていきます!!
■資料は下記のURLをクリックして使ってください!
http://www.team-nippon.com/news/upload/1371603708_1.pdf
参議院選挙に向けてみどりの風の政策を発表しました。 [ 平成25年06月14日 ]



みどりの風の参議院選挙、都議会議員選挙に向けた政策を発表しました。みどりの風として国民のみなさまにその実現をお約束する重要政策とみどりの風がめざす社会(みどりの風の哲学)を政策リストの形でまとめています。
みどりの風の参議院選挙、都議会議員選挙に向けた政策を発表しました。みどりの風として国民のみなさまにその実現をお約束する重要政策とみどりの風がめざす社会(みどりの風の哲学)を政策リストの形でまとめています。


みどりの風の『約束』は以下の5つ、みどりの風の目標「日本らしさが活きる格差のない共生社会」実現に向けて全力で走ります。

1.消費税増税を凍結し、真の社会保障改革を実行します。

国民一人ひとりの所得水準が低迷する中、消費税増税はあり得ません。
民自公3党合意の結果、消費税が社会保障以外の目的に流用可能となっています。国民不在で決めた社会保障置き去りの消費税増税を凍結します。
社会保障改革を先行させ、給付の形が見える制度設計とします。
天下り禁止、不必要な公共工事の中止などムダの撲滅に全力で取り組みます。その上で、社会保障は所得税、法人税、消費税と保険料の組み合わせで財源をねん出します。

2.数字だけのマクロ経済から顔の見えるミクロ経済重視へ。

アベノミクスは机上の空論、1%の大企業・投資家のためのバーチャル(架空)経済から99%の中小企業・自営業・国民のための実質経済重視へ転換を図ります。
所得税の累進強化などにより適切な所得再分配を実現し、持続可能な内需主導の経済を確立します。
日本経済を実質的に牽引する中小企業・自営業を支援する融資制度改革に取り組みます。ベンチャービジネスや研究開発への投資を促進、次の日本の強みにつながる人材や産業を育成します。
地域資源を活かした新産業、地産地消産業を育成します。(地域金融や市民ファンドによる自然エネルギー事業等)

3.TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に反対します。

TPPはグローバル企業の利益を国民生活より優先させる制度です。国内法に優先する条約(TPP)は、農業に限らず国民生活のあらゆる場面に影響を与えます。日本らしさを壊すTPPには断固反対、撤退を求めます。
聖域なき関税撤廃が参加の大前提であることはなんら変わっていません。食糧主権や食の安全を守ることができる保証はどこにもありません。
東アジア共同体、ASEAN+6等、日本はアジアの一員として、多様性に配慮しながら各国との経済連携を進めます。TPPは日本をアジア市場から切り離す愚策です。

4.緊急事態が続く原発問題に着実に対応します。

脱原発を、止める《再稼働なし》、やめる《2023年までにすべての原発の完全廃炉に着手》、かたづける《核のゴミ処理を確立》の3つのステップで着実に実行します。
原発ゼロ社会実現のために、電源特会・環境税等の使い方を見直し、再生可能エネルギーをはじめ代替エネルギーの開発利用促進、電力システム改革、電気料金対策、立地自治体の自立支援を徹底します。
福島第1原発事故処理は、国が責任を持って進めます。作業員を準国家公務員化します。東電の破綻処理を進め、膨らむ国民負担の軽減と被災者への賠償の充実・迅速化を図ります。
子ども被災者支援法の早急かつ完全な実施を実現します。
被災者の声を聞きつつ放射能汚染による長期居住困難地域の国有化を進めます。

5.若者・女性がもっと活躍する日本を実現します。

若者の年収アップのためにあらゆる政策を実行、初任給引き上げにより5年後の年収60万円アップを実現します。(その他、若者の正規雇用化促進・自営者との契約書義務付等)
「ブラック企業」に関する情報公開を進め、人間的な暮らしを保証する労働時間・労働条件を実現します。
生涯にわたる男女の賃金格差の是正に取り組みます。(同一労働、同一賃金)
奨学金返済に苦しむ若者を救済します。返済の心配のない給付型奨学金を創設します。
若者の雇用を安定させ社会保険への未加入をなくし、年金や医療保険制度の安定化を図ります。また、教育機関にかよう期間の年金保険料は免除します。

※政策集草稿としてとりまとめました全編は添付のPDF(記者発表資料)
※写真は谷岡代表による記者発表の模様です。(2013年6月13日)
大気汚染防止法改正と放射性物質による環境汚染防止関係法案 [ 平成25年06月13日 ]



参議院議員平山まことです!今国会最後の環境委員会質疑が行われています。今日も吠えますよ!大気汚染防止法改正と放射性物質による環境汚染防止関係法案です。1つめはアスベスト被害者救済です。石綿除去作業などで企業社員は厚労省の労災認定が比較的早く認定されるのに個人事業者は環境省の救済があるが時間がかかるなど法の平等が保たれていない点を!放射性物質環境汚染は規制する環境省が放射能汚染測定の実権を持って良いのか!国は権限を集中して、放射能汚染を無理矢理封じ込めようとしているんでしょうか?しっかり環境大臣に質疑して参ります!13:40~14:00の20分間 ライブは下記のアドレスから入り、環境委員会を選択為て下さい。その後は日時と環境委員会、平山誠を選択為て下さい。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
2013/06/11 参議院 環境委員会  [ 平成25年06月11日 ]



石原大臣ひどすぎる!広域がれき処理を表明した自治体にがれき処理しなくても復興費を支給すること自体おかしいのに、表明をしていない自治体に支給される、断っている自治体に支給を決める!これ誰が見てもおかしいですよね!
国民が25年間所得税2.1パーセントと来年から10年間住民税1000円上乗せで賄う復旧・復興税!環境省のむちゃくちゃな使い方に対し質疑したが答えは前政権が決めたこと!環境省は関係ありません!私は関係ありません!これ絶対におかしいですよね!環境省にも環境委員会にも調査を依頼しましたが動かないようです!これから検査院に調査依頼してきます。
5件 / 全 76件中